2022年4月10日 礼拝内容要旨


2022年4月10日(天一国十年天暦3月10日)金琮培教会長礼拝内容要旨 説教『新しい春』〔金琮培教会長〕

み言訓読
平和経 P.1598
天が数千年間待ち続け、真の父母様が生死の境を数限りなく行き来しながら築いてきた基盤の上に、数千億の人類が願ってきた地上・天上天国完成のその日が、四年後にそびえ立っています。避けていける道ではありません。休んでいける道でもありません。途中で放棄できる道ではないのです。またその道は、天運の導きに従い、私たちが共に歩んでいくべき宿命の道です。希望に満ちあふれ、喜びで完走しなければならないコースです。祖父母、父母、子女、孫の四代が共に手を取り、ハレルヤを歓呼しながら迎えるべきその日が目の前で広がるのです。

This entry was posted in 今週の礼拝. Bookmark the permalink.

Comments are closed.