2018年12月30日 礼拝内容要旨


12月30日(天一国六年天暦11月24日)礼拝内容要旨
『すべてを感謝する生活』〔恩塚浩家庭教育部長〕

み言訓読
善進世界会長のみ言(2014.10.1 新宿成約ビル)
韓国語で「ありがとう」と「愛しています」をなんというか皆様ご存じですね。真のお母様が皆様に伝えようとされた愛と心情のメッセージは、この二つに集約されます。真のお父様の聖和以来、このふたつの言葉の意味の深さについて、お母様は強調されます。
真のお父様の遺産を相続する次世代が二つの重要な教えをしっかりと学ぶように指示されたのです。この二つがわかれば「原理のすべてがわかる」とおっしゃいました。真のお母様は、最も重要な原理は、感謝と愛であり、自らの人生においてそれを実体化させ、それをまたその子女達へと伝えていかなければならないと常におっしゃっています。
この二つの原理を実践すれば、紛争も解決し、真なる癒し・喜び・解放そして平和和合へと導くことができます。

This entry was posted in 今週の礼拝. Bookmark the permalink.

Comments are closed.